小児歯科についてと小児歯科医について

成人になるまでの人の歯を矯正したり虫歯を治したりするのが小児歯科です。小児歯科は名前の通り、小児を対象にはの治療などを行いますが、病院によっては18歳未満の患者の診療をしたり、障害を持つ人たちは20歳以上の人々を対象にした病院もあります。また、歯の治療のみならず歯の成長に関することを教えたり、親たちに対して歯に関する指導を行うこともあります。このことから、本来の歯の治療業務よりもコミュニケーションなどに重点を置いています。小児歯科医は2006年から専門医制度を設け小児歯科医の人員を増やすなどしています。さらに2010年からは女性の小児歯科医の仕事をサポートする目的の委員会もたちあげられました。この委員会の立ち上げにより女性が歯科医として続けていけるようにするために医師の育成や技能の向上、歯科医としての活動を支援していきながらサポートをしています。この背景には20代や30代で女性の歯科医が増えてきたことが理由にあります。